【口コミで人気の広島の写真館を徹底比較】七五三やマタニティフォトの撮影におすすめのフォトスタジオをご紹介!

マタニティフォト撮影を行う写真館選びのポイントについて解説!

公開日:2024/02/01  最終更新日:2023/09/13


女性が経験する妊娠、出産の回数は生涯でほぼ1回、もしくは2回ほどです。妊娠中の10か月は妊婦さんにとっても、それを見守るパートナーにとっても大切な、宝物のような時間です。そんな貴重な経験を写真館で記録に残しておきませんか?ここではマタニティフォト撮影を行う写真館について解説します。

マタニティフォトを写真館で撮影するメリット

妊娠期間中、手近なスマーフォンやデジタルカメラでマタニティライフを記録している人は多いでしょう。自分の手で月ごとに大きくなるお腹を写真に撮って、見比べるのは体調管理にも役立ちます。

しかし一生に何度も経験することのない、妊娠、出産だからこそ非日常的な写真を記念として残しておきたいものですね。それには写真館でのマタニティフォト撮影がおすすめです。しっかりとした写真館でマタニティフォトを撮影するメリットを4点紹介いたします。

体調に配慮してもらえる

マタニティフォトは主に安定期に入ってから撮影しますが、妊娠中の体調は人それぞれで大きな差があります。安定期でも妊娠中の体に何が起こるかはわかりません。しっかりとした写真館は妊婦に対して配慮すべきポイントを熟知しているので、もし体に異変があったら、即対応してもらえます。彼らは人の顔色を見るプロです。写真館の休憩室や待機室を上手に利用しましょう。

衣装が充実している

マタニティ撮影専用の衣装は1回きりの使用ですから、購入する必要はありません。写真館で用意してある衣装や小物を使って、素敵な写真を撮りましょう。お腹の曲線を強調する衣装はマタニティフォトを扱っている写真館にしかないものです。

プロの撮影で最高の1枚

マタニティフォトは生涯に何度も撮るものではないので、自分ではどんな風に撮ればよいのか、ポージングはどうすればいいのか、わからないことが多くあります。となるとここはプロのスキルに頼るのが最も確実です。肌への光の当たり方や絶妙なシャッターチャンスなど、プロでなければ撮影できない最高の写真に仕上がります。

人目が気にならない

マタニティフォトは主にスタジオで撮影されます。スタジオ撮影は完全な個室であり、他者の目を気にしなくても大丈夫です。マタニティフォトはお腹や肌を出した撮影が多いので、写真館でのスタジオ撮影をおすすめします。

マタニティフォト撮影を行う写真館選びのポイント

マタニティフォト撮影を行うには妊婦さんが安心できる写真館を選ばなくてはなりません。抑えるポイントは以下の3点です。

家族みんなで撮影できる施設

マタニティフォトはお子さんを連れてスタジオ入りすることがよくあります。一緒に撮影しているときも、待機しているときも、子どもが退屈せずにすむよう配慮された設備が望ましいですね。

マタニティ衣装が多い

スタジオによってはマタニティフォトの衣装が少ない場合もあります。マタニティ用の衣装が豊富に用意してある写真館を選びましょう。

確かな実績

マタニティフォトを行っていない店舗もあります。ホームページのサンプル画像を確認し、確かなスキルを持った写真館を選んでください。

マタニティフォト撮影を行う際の注意点

たとえ安定期であっても、妊娠後期の体調変化には十分注意しなくてはなりません。撮影前はかかりつけの産科医に相談しておきましょう。体調によってはキャンセルや延期も必要です。撮影中、だるい、お腹が張る、などの症状が出たときは、すぐにカメラマンに申し出てください。万が一のときはすぐに病院に行けるよう、街中の写真館を選びましょう。

まとめ

マタニティフォトは一生に一度か二度しか経験できない妊娠期間を写す大切な記録です。自分で撮った写真も良いですが、写真館で撮影すると、プロのスキルを発揮した、最高の一枚に仕上がります。マタニティ衣装が豊富にあり、家族みんなで撮影できる写真館を選んでください。安定期でも油断は禁物です。体調の変化に注意し、病院に行きやすい写真館で撮影しましょう。

広島のおすすめ写真館一覧

イメージ
会社名大進創寫舘(だいしんそうしゃかん)フォセットスタジオアリスフォトスタジオニコ
ポイント42,000件のお客さんの多くがリピーターな高満足度呉市にある、創業80年以上の老舗店舗で信頼性が高い全国展開を行っており、知名度はとても高い!店舗数の多さ、そして会社の名前の由来がおもしろい
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧