【口コミで人気の広島の写真館を徹底比較】七五三やマタニティフォトの撮影におすすめのフォトスタジオをご紹介!

子どもが七五三の記念撮影を嫌がる!写真嫌いの子の機嫌を取る方法とは

公開日:2024/01/01  最終更新日:2023/09/01


子どもの七五三の写真は残しておきたいものです。しかし、子どもの中には写真撮影を嫌がる子もいるでしょう。写真撮影が始まってから泣いたり、駄々をこねられたりしてはよい写真が撮れません。そこで本記事では、七五三の写真撮影を嫌がる子の笑顔を引き出すコツや上手く取るコツなどを紹介します。

七五三の記念撮影を嫌がる子もいる

七五三の記念撮影には、子どもたちの中に写真撮影を嫌がる子も少なくありません。この現象の背後には、実は親の影響が大きいといわれています。親は子どものかわいらしい瞬間をたくさん残したい一心で、「じっとして」「こっち向いて」「そのままにしてて」といった指示を出しているでしょう。

しかし、こうした要求は子どもにとっては「強制」に感じられ、写真撮影に対してネガティブなイメージを形成してしまうことがあります。子どもたちが記念撮影を楽しんで受け入れるためには、日常の写真撮影から楽しさを感じさせ、カメラを向けられても怖くない雰囲気を醸成することが重要です。子どもたちにとっての楽しい体験として記念撮影を捉えさせることで、心地よい思い出を残すことができるでしょう。

写真嫌いの子どもの笑顔を引き出す秘訣

ではここからは写真嫌いの子どもの笑顔を引き出すコツについてお伝えします。

七五三の絵本やアニメを見せる

撮影前に、七五三に関する絵本や雑誌、アニメなどを見せることで、子どもに七五三の雰囲気を知ってもらいましょう。好きなアニメキャラクターが七五三の写真を楽しんでいる姿を見せると、子どもも興味をもつことがあります。「○○ちゃんみたいな着物が着れるよ~!」「こんなにかわいくなれるよ~」と声をかけ、テンションを上げてあげることも大切です。

家族と一緒に写真を撮る

ひとりでカメラの前に立つのは緊張することが多いです。そんなときは、家族と一緒に写真を撮る方法もおすすめです。親御さんが近くにいるだけで、子どももリラックスして笑顔を見せてくれることがあります。

リラックスした雰囲気で撮影する

あまりかしこまったポーズではなく、家族と楽しく遊んでいる様子や会話をとらえることで、自然な笑顔を引き出せることがあります。自然体の表情が素敵な写真に仕上がるでしょう。

アイテムを活用する

ぬいぐるみやおもちゃを使って子どもの興味を引くのも効果的です。親御さんが「ギュイーン」とか「ゆらゆら〜きらきら〜」などの擬音を使って楽しい雰囲気を作り出すことで、子どもの笑顔が引き出せるかもしれません。また、ジェット風船を使って遊びながら撮影することで、子どもの笑顔を確実に引き出すことができます。

七五三の記念撮影で写真嫌いの子をうまく撮る方法

ここからは七五三の撮影で写真嫌いの子を上手く取る方法について解説します。前の章の内容と合わせてみてみてください!

予定よりも早く来店する

ギリギリの時間に撮影に行くのではなく、余裕をもって早めに来店することが大切です。子どもにとって緊張感のある場所に慣れておくことで、リラックスして自然な表情を見せてくれる可能性が高まります。

最初から2日間を想定しておく

「一日で済ませる」と意気込んでいると、子どもが機嫌を損ねたりすると親もイライラしてしまうことがあります。そこで、最初から撮影を2日間に分けて考えるのがおすすめです。一日目に泣いてしまったりした場合でも、2日目があればリトライできますし、2日目の方が子どもも慣れてリラックスしているため、良い写真が撮れる可能性が高まります。

まとめ

本記事では、子どもが七五三の記念撮影を嫌がる場合の対処法として、笑顔を引き出すコツや上手に写真を取る方法について解説しました。子どもが写真を嫌いになるのは、多くの場合、親の要求やプレッシャーが原因です。現代ではいつでも携帯で写真が撮れる環境ですが、子どもの自然な笑顔を大切にするために、過度な要求を避けることが大切。もし写真撮影で笑顔がなかなか見られない場合は、この記事のアドバイスを参考にしてみてください。子どもとの楽しい思い出のために工夫してみましょう。

広島のおすすめ写真館一覧

イメージ
会社名大進創寫舘(だいしんそうしゃかん)フォセットスタジオアリスフォトスタジオニコ
ポイント42,000件のお客さんの多くがリピーターな高満足度呉市にある、創業80年以上の老舗店舗で信頼性が高い全国展開を行っており、知名度はとても高い!店舗数の多さ、そして会社の名前の由来がおもしろい
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧